ベビーマッサージの資格取得ガイド

ベビーマッサージの資格取得ガイド » ベビーマッサージって何? » 効果について

ベビーマッサージの効果について

ベビーマッサージの効果は、様々です。

赤ちゃんを裸にして行うものですから、病気を早期発見することができることも、ベビーマッサージの効果でしょう。

赤ちゃんは肌が敏感ですし、また、あちらこちらに大人ではできないような深いシワがあります。

そのシワに汗がたまって蒸発されないと、いわゆる「あせも」になりやすい状態になってしまいます。

その「あせも」を早期発見できるのも、ベビーマッサージの効果でしょう。

また、おなか周りをベビーマッサージすると、便秘を解消することができます。

「赤ちゃんが便秘するの?」と不思議に思うママもいるでしょう。

実際、我が家の2人目の女の子は、赤ちゃんの頃、便秘症でした。

上の男の子は、1日5回ぐらいゆるゆるウンチをするぐらいに快便だったのですが、下の女の子は2日出ないのは当たり前。

それで、おなか周りをしょっちゅうベビーマッサージしていました。

ベビーマッサージの効果は絶大で、1時間もすると、しっかりとウンチが出ていましたよ。

ベビーマッサージ中の下の女の子は、まあ、ケラケラと良く笑い、また、うっとりとして、マッサージ後は快眠。

起きるとオムツが臭いといった感じでした。

また、ベビーマッサージをすると、親のほうも、なんとなく精神が落ち着く感じがしました。